40代からの学び直し

わたし
わたし

宇井 美智子さんという方の記事をみつけて今後の指針にしようと勝手にお手本にしてみることにしましたのでまとめたよ。

*宇井さん・・・元TBSアナウンサーで現在83歳とのこと

 

「40代からの学び直し」の7つのポイント
*宇井 美智子さん

①この先何をしたくないかを自問自答する
②趣味ではなく収入に直結すつ学びを選べ
③夫はお金で黙らせる
④子どもとは同じ机で勉強しよう
⑤家族(義母など)にはギフト作戦が効く
⑥更年期の体調変化を予定に入れる
⑦学びの場の出会いは人生の宝


参考になることは、自分の生活に落とし込んでみて初めて参考になったと言えよう。。

 

 

ということで、項目が私の状況と合わない部分は、これも勝手に省いてみました。
③④⑤を省き、自分の生活に落とし込んでアレンジしてみました。


お手本にした理由は、
私は思考メモリが少ない上に体力もあまりない。

だから、なんのための行動か、準備か、は明確にしておく必要があるからです。

 

「40代からの学び直し」の7つのポイント
*私の場合 多少アレンジ済み

①この先何をしたくないかを自問自答する

②趣味ではなく収入に直結すつ学びを選べ
③不幸や面倒はお金で黙らせる
④子育て中の人には尊敬の心で接する

⑤友達や大切な人ほど感謝の気持ち(ギフト)も忘れずに
⑥更年期の体調変化を予定に入れる
⑦学びの場の出会いは人生の宝

 

こんな感じで整理していこうと思います。

 

note

この先何をしたくないかを自問自答する

 

わたし
わたし

会社員を辞めるか、少なくとも週5のフルタイムを辞めます。
働き方改革は会社にお願いするのではなく自分で決めたいと思います。

 

別に社畜がどうとか言うつもりはないけど、単純に飽きてしまったのです。

朝起きて、電車に乗り会社へ行くというパターンに。

家賃をお給料ではなく副業でまかなえるようになることが目標。
ここがクリアになったらどんなに精神的に楽か、これはもっと真剣に考えなくてはいけない。

 

趣味ではなく収入に直結すつ学びを選べ

 

このブログもその一環だけれども、WEBの勉強を10年前に挫折して以来、再チャレンジすることに決めました。

自主的な学びはレジャー感覚に近いから、それを利用して毎日ブログには向き合って行こうと思います。

ブログを始めたことで1番の学びは、文章というものに向き合わざるを得ないこと。
スマホで自分のブログを見るとアチャー!となる。

結構言葉を砕いたつもりでも何が言いたいのかが全然わからない!!

その理由は無意識にしている脳内会話(自分との会話)のせいだけど、それもアウトプットしてみて初めて気づくことだったりする。

 

 

わたし
わたし

本当にブログって手っ取り早く色々な気づきが手に入るツールだと思うし良くできているよなぁ・・

 

「やってみたい」と「やってみた」との間にはとてつもない距離がありますよね。

身近な例だとカラオケで歌う曲とただ聴いているだけの曲との違いは、歌詞、息継ぎ、簡単そうに歌っているけど難しいことがわかったり、カラオケとは言え他人に聴かせるわけだから緊張だってしますからね。

 

このことだけでも入ってくる情報の多さが圧倒的なのが、実際に歌う(演奏する)ことだったりします。

聴いているだけだと簡単に飛ばしたり、前のほうが好きだの嫌いだの飽きただの受身でしかない情報が手に入るだけですよね。

 

しかもこの受身の情報ばかりインプットしていると、他人に対する評価が厳しくなる傾向があって、最悪の場合は赤の他人と他人を比べて、そこに自分すらいないことでどんどん他人にだけ厳しくなっていくんです。

 

はいこれは20代の頃の私です。ハイ。。。
自分事として考えるのがキツイんですよね20代じゃまだ。

 


これは「収入に直結する学び」とおおいに関係があると思います。
収入になるなら「やってみる」と思えることがぐんと増えるし、ならなかったとしても気づきがある。

いいじゃないですか!40代なんて50代になったら若どうせいんだから。

 

不幸や面倒はお金に頼る


時間、情報、環境、気分、
お金で解決出来ることは数知れず。


時間・・・働いている時間そのもの、家事、介護、シッターさん、時間はお金で買うという感覚が当たり前になってきています。

 

情報・・・書籍(高価な)を買うのに躊躇しなければためになる情報がすぐ手に入る、ネット内での情報も価値があるのは大抵有料ですよね。

 

 

環境・・・通勤が嫌なら家賃が高い家に住んで歩いていける距離にする、暮らしたい場所や便利な場所で生活圏を変えることが可能なのは圧倒的に有利といえます。

 

気分・・・肌触りの良いものを身に着けたり、質の高い寝具にしたり肌に触れるものって結構幸福感に繋がりやすいと思うし、高い物はそれなりに理由があります。

 

 

そんなに深く考えなくてもこれぐらいのことはパッと頭に浮かびます。
深く考えたならお金で解決できることだらけだと思います。

 

注意点としては主体性のないお金の使い方(浪費や消費)は控えるということでしょうか。

飲み食いに走る、人に意味なく奢る、同じ物を何度も買う、みたいなことにばかり使っていればお金なんてあっという間になくなるし、使った後に何も残らくなってしまいます。 

ポイントはお金が道具としてきちんと機能していることかと思います。

 

更年期の体調変化を予定に入れる


私はまだ更年期の症状は出ていないけど、多分早めにくるんじゃないかという予感があります。


運動不足だし、食事に気をつけるようになったのもここ1年だし。


その為に、会社勤めを減らすかなくす方向で動き始めているのです。

職場でも多分更年期なんだろうな、、と思うくらい汗いっぱいかいてる人や、感情の起伏が激しかったと思ったら次の日にはけろっとしていたりする人がいます。

有名人の話でも鬱になったり仕事に支障をきたすパターンがかなりあるみたいで戦々恐々としているのが正直なところです。


ある程度の予防策は講じないといけないけど、なったらなったで慌てなくても良いように備えておくことは大事かなと思います。

イソフラボンとかセサミンとかのサプリを飲めばとか、30代の頃は安易に考えていたけど最近はやっぱり毎日の食事と運動なんだなと思うようになってきています。

 

学びの場の出会いは人生の宝

同じ目標や環境にいる人たちと出会えるような場って何かを学んでいる場所にしかないのかな?

特別な人と特別な意味があるような出会いってことよりも、今現在、出会えている人たちも含めてもっととちゃんと考えてみようと思います。

その先なんじゃないのかな、、?宝だと思えるような出会いって。

そもそも

わたし
わたし

私に「出会えた」と思ってくれてる人がはたしているのか?


学び直しとは本来何歳からでも出来ると思うけど、40代のタイミングってベストなのかもしれないなと思う今日この頃です。

みんなはどうなのかな?こうゆう話ってネットの世界にはあふれているのに、日常生活で全然聞かないな。。

*④⑤はその文章のままなので特にコメントはなしです。